更新日: 2024年06月15日

海のように澄んだ煌めき
「アクアマリン」

古代から愛されてきた魅力、お手入れ方法まで

アクアマリンの意味や歴史について解説


美しい海に由来する澄んだ煌めき

アクアマリンは古代から人々を魅了してきた宝石で、その歴史は古代ギリシャ、ローマ、エジプトにまで遡ります。アクアマリンという名前はラテン語の「aqua」(水)と「marinus」(海)から由来。その透き通った青色が美しい海を想起させることから、この名前が付けられました。

古代の信仰では、アクアマリンは海神ネプチューンの贈り物で、航海者の安全と勝利を保証すると信じられていました。

アクアマリンを付けた指輪

中世ヨーロッパでもアクアマリンは非常に人気があり、その明るい青色がヒーリングのパワーを持つとされ、精神的な平和をもたらすとされていました。さらに、恋人たちはアクアマリンを贈り物として交換し、永遠の愛と忠誠を誓い合っていたとも言われています。


アクアマリンが持つ意味や価値

3月の誕生石でもあり、そして魚座の星座石でもあるアクアマリン。
石言葉として、次のようなものを持ちます。

  • 幸福
  • 聡明
  • 勇敢
  • 沈着
  • アクアマリンは、平和、勇気、清潔さ、信念、希望、若さ、健康などの象徴とされています。その鮮やかな青色は冷静さと安らぎを象徴し、所有者に平和と勇気をもたらすと信じられています。またアクアマリンは、真実と信頼の石とも呼ばれ、言葉と行動の整合性を促すともされています。

    また、パワーストーンとしても有名で、ストレスや怒りを緩和し、バランスと安定をもたらすと信じられています。 

    アクアマリンを付けた指輪


    世界各地のアクアマリン:産地とその特徴

    アクアマリンは世界各地に存在する宝石で、ブラジル、パキスタン、アフリカ(特にマダガスカル、ナミビア、ケニア、ナイジェリア)、ロシア、アメリカ(コロラドとカリフォルニア)などが主要な産地として知られています。ブラジルは特にアクアマリンの大きな結晶を産出することで有名で、古くからアクアマリンの主要な供給源となっています。

    アクアマリンの品質は、色、透明度、カットによって決まります。高品質のアクアマリンは深い青色を呈し、透明度が高く、適切にカットされていることが特徴です。産地によっては色が異なる場合もありますが、その美しさと神秘性はどのアクアマリンにも共通しています。

    CADNIで取り扱っているアクアマリンは、ブラジル・パキスタンなどから仕入れており、透明度・色合いを重視しながら品質を選定し、丁寧にカッティングしています。

    アクアマリンと相性の良い宝石や地金

    アクアマリンを付けたイヤーカフ

     

    アクアマリンの透き通った青色は、さまざまな他の宝石や地金との組み合わせに適しています。特に、エメラルドなどと組み合わせた場合、そのコントラストからアクアマリンの色が一層引き立ちます。また、地金については、シルバー系であればアクアマリンの冷たい色調を強調し、ゴールド系であれば暖かみが加わり、いずれにせよアクアマリンの鮮やかさが増すことと思います。

    アクアマリンの煌めきを永く保たせるために

    アクアマリンは硬度が高いため、比較的手入れも簡単。しかし、汚れや傷を防ぐためにも、定期的に温めた石鹸水で優しく洗い、柔らかい布で乾燥させることがおすすめです。避けるべきなのは、過度の熱、強い衝撃、化学物質です。これらはアクアマリンの色を変えたり、クラックを引き起こす可能性があります。

    また、アクアマリンのジュエリーを保管する際には、他のジュエリーから分けて保管し、傷つきを防ぐことが重要です。アクアマリンは光を吸収するため、長時間直射日光にさらすと色が褪せる可能性があります。そのため、暗くて涼しい場所で保管することが理想的です。

     

    >アクアマリンを付けたコレクションはこちら

    ブログに戻る